こんにちは。VENUSBEAUTYCLINIC形成外科専門医の藤本です。  

人中短縮について

ここ数年で一気に広まってきた施術の1つではないでしょうか。 そもそも人中とは、鼻と、上の赤唇(赤い唇部分)の間にある白唇(肌色部分)の一部にあたります。真ん中の溝部分を人中窩、その両側の高まりを人中稜と言います。

上唇と鼻の距離でお悩みの方

上の白唇が短くて可愛い芸能人の方、たくさんいらっしゃいますよね。不幸なことに人は歳を重ねるにつれて、この部分は間伸びし、赤唇は薄くなっていきます。 そんな悩みを解決してくれるのが、人中短縮術なのです。鼻の下で白唇部を部分的に切除して短くします。 人中短縮術 VENUSBEAUTYCLINICでは、ほぼ半額となる外科手術モニターも募集しておりますので、お気軽にカウンセリングにお越しください。 良い手術なのですが、注意しなくてはいけない点がいくつかあります。 ここでは ① 人中短縮の適応 ② 切除デザイン ③ 傷あとへの配慮 にわけてお話していこうと思います。

 人中短縮の適応

まず、自分が人中短縮の適応かどうか。 白唇が平均より長いから、短縮してしまえ!と安易に考えるのは、絶対にダメです。 人中短縮をすることにより、短縮された幅を中心に赤唇部は頭側にめくり上がるため、厚く、若干前に出るようになります。これは人によって良い方向 or 悪い方向に働きます。 また、もともとガミースマイル(笑った時に歯茎が出る)の方は、余計ガミースマイルの症状が悪化します。これは、そもそもの土台となる白唇部とその深部にある骨の長さのアンバランスによるものなのかもしれません。 さらに、人中を短くしすぎると、前歯が露出したり、富士山型の唇になったり、鼻の穴が少し見えやすくなったりします。 このように案外適応範囲は狭かったりする施術になります。

切除デザイン

続いて切除デザインについて。 人中短縮で重要なのはその人にあった切除幅では?……いやいや、それだけではありません。 たまにカウンセリングで、傷の一部は鼻の中に入り、見えにくくすることはできますか?と聞かれることがあります。 ここに思わぬ落とし穴があります。 ご自身の顔を鏡でよーく眺めてください。鼻の穴に入るところの、白唇と繋がる部分(鼻の穴の底面に当たるところ)に丘がありませんか? これを鼻孔底隆起と言います。 鼻孔底隆起の形は人により様々です。高い方、低い方、内側と外側に分かれて間は平面になっている方がいます。 特に鼻孔底隆起の高めな方は、鼻の中に傷を入れようとしてここ切除すると、平坦となり、不自然になります。ここは1度切除してしまうと、元に戻すことはできません。 つまり切除デザインもその方によりじっくり考える必要があります。

傷あとへの配慮

最後に傷あとについてです。人中短縮の傷は、顔の中でも真ん中にあり、かつ見えやすい位置にあるのに、顔の手術の中では比較的残りやすい箇所の1つです。 傷の治り方の詳細については割愛しますが、綺麗な傷あとにするためには、手術行程・縫合技術、ご自身の体質、傷が治るまでの緊張度(傷の双方向から引っ張られる力)などなど様々な要因があります。 その中でも人中短縮において、傷の緊張を減らす、安静にする点は特に重要かと思います。 傷は一般的に1-3ヶ月は赤く硬く、それから術後半年かけて薄く白い軟らかい傷あとになるのが理想です。 この間になるべく傷を安静にさせたいのですが、不幸なことに我々人間は常に話したり、食べたり、表情を作ったりするため、絶えず傷が動くのです。 これは傷あとが赤く腫れて残る(肥厚性瘢痕)になるリスクを高めます。 そのリスクを少しでも減らすために、私は手術の際に皮膚のみ切除して縫うのではなく、その深部の筋肉(口輪筋)も特殊な処理をして皮膚皮下組織への緊張度低めています。 さらに患者様がOKであればであれば、この大事な数ヶ月間に傷周囲にボトックスを効かせ、筋肉の動き自体を制限してしまいます。 術後、4ヶ月ほど表情などに少し違和感はありますが… 医師により、それぞれ手術のやり方や術後管理についてお考えがあると思いますので、カウンセリングの際に聞いてみるといいかもしれません。 マスク社会の中で受けやすい施術の1つではないでしょうか。 最後までご覧頂きありがとうございます。 少しでも手術検討中の皆さんの一助になれれば幸いです。

お問い合わせ・ご予約はこちら

新宿院
03-6709-9132

診療時間/11:00~20:00 休診日/金曜日

銀座院
03-6263-8256

診療時間/10:00~19:00 休診日/月曜日

未成年者の同意書はこちら

こんにちは。VENUSBEAUTYCLINIC形成外科専門医の藤本です。

鼻尖形成について

鼻尖形成とは、その名の通り鼻の尖端の形を成形する施術になります。基本的には、高さはあまりかわらないと思っていてください。団子鼻を解消したり、鼻の向きを少しかえたり、軟骨などを移植する土台作りの役目を果たします。 また、まず皆さんに知って頂きたいのは、一口に鼻尖形成と言っても、その内容はクリニックや医師により実に様々ということです。

鼻の修正は奥が深い手術

鼻の中の小さい傷から糸で結んで細く見せる超手軽な手術から、鼻をガバッと開けて、軟骨を成形、軟部組織を切除して・・・という時間のかかる手術まですごくバリエーションにとんでいます。 鼻尖形成 最初にお話しますが、私は糸で縛って短時間で終わるという手術は、まずしません。 鼻は超超がつくほど奥が深い分野です。そんな簡単に仕上げられるはずがないと思っています。 鼻尖は、主に表面から皮膚、脂肪などの軟部組織、軟骨、粘膜(鼻の中の表面)が、立体構造を作ることで成り立っています。 とりわけ、我々東南アジア系の人は、皮膚・軟部組織が厚く、軟骨が弱いため、鼻の手術に不向きと言われています。 欧米人ではその逆、むしろ鼻を低く減量する手術があるくらいです。何とも羨ましい話ですね。 VENUSBEAUTYCLINICでは、ほぼ半額となる外科手術モニターも募集しておりますので、お気軽にカウンセリングにお越しください。 話は戻りますが、鼻尖形成はクリニックによって、どういった内容でどこまでが施術範囲に含まれるかしっかり聞いておく必要があります。

オープン法とクローズ法

まず切開する場所で、大きく2つ、オープン法とクローズ法に分かれます。 オープン法は、両側の鼻の中と鼻柱(鼻を下から見上げた時の鼻の穴の間)を繋げて、軟骨部分全体を露出して施行する方法です。 クローズ法は、鼻の中の傷のみで行う方法で、手術する側としては視野が悪いです。 私は基本的にオープン法で行っております。確かにクローズ法と比較して、鼻柱部に傷が残るというデメリットはありますが、正面視では見えないこと、丁寧に縫えばここの傷あとは比較的綺麗です。 それよりも鼻の内部構造をしっかりと把握しながら、成形していき、手術のクオリティを上げる方が大事だと思っております。 オープン法で、内部構造を把握した後、患者さんのご要望に合わせて、軟骨を切除したり、糸で軟骨の形を整えたり、余剰の軟部組織を切除したりといろいろな施術を組み合わせながら、鼻の形を整えていきます。 ここまでが私の鼻尖形成術の範囲です。 この後、鼻尖に少し高さを出したい場合、耳介軟骨移植などを使って自分の組織を持っていきます。鼻先の変化を強く出したい場合は、鼻中隔延長術が必要になりますが、それはまた別の機会に載せます。 最近流行りのオステオなんちゃらは軟骨をどんどん変形させるわ、鼻の皮膚が薄くなるわで、全くオススメしません。我々の学会でも反対派が大多数です。そして、何より修正が困難なケースが多いです。 術後のリスクとして、鼻・鼻孔の変形、左右差があります。これはもともとのご自身の軟骨の形が影響することも多々あります。生まれつき鼻の軟骨がビシッと左右対称にあるわけではありません。 さらに、私達は笑うと鼻は上から押される力がかかるなど、日々いろいろな力がかかりますので年単位で術後から変形してくることがあります。これは鼻の手術何でも言えることで、長期的にメンテナンスの必要がある可能性も覚えておいてください。 人気の鼻尖形成ですが、メリットとデメリットをしっかりと考え、お悩みの方はぜひ一度お気軽にカウンセリングに起こし下さい。

ダウンタイム

1週間後に抜糸。大きな腫れや内出血は2週間ほど。その後3ヶ月ほどかけて残りの腫れが引いていきます。傷跡は、初回手術の場合、1〜3ヶ月は赤く、固い、6ヶ月ほどで最終的な傷跡になります。修正の場合はこれより長くなる場合があります。

メリット

団子の解消 鼻先の角度の変化

デメリット

鼻孔や鼻の形態変化 鼻先が固くなる可能性がある 手術共通の合併症、感染や左右差 理想像と完成時の差 最後までご覧頂きありがとうございます。 鼻の手術をご検討中の方は、是非参考にしてみてください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

新宿院
03-6709-9132

診療時間/11:00~20:00 休診日/金曜日

銀座院
03-6263-8256

診療時間/10:00~19:00 休診日/月曜日

未成年者の同意書はこちら

こんにちは。VENUSBEAUTYCLINIC形成外科専門医の藤本です。

人気施術である目頭切開

目頭切開の目的として、目の内側を切って、目と目の間を近く見せたり、目を大きく見せたりするのが一般的ではないでしょうか。これはあながち間違いではないですが、他に考えるべきことはたくさんあります。

日本人女性の平均目頭の距離は34mm

このコラムを見てくださっている方の中にはは、日本人女性の目頭間の距離の平均は34mmと聞いたことがあるのではないでしょうか。 私は、これより離れている=目頭切開をする、とは全く思っておりません。 注目すべきは、ずばり①目の形と②顔のバランスにあると思います。 VENUSBEAUTYCLINICでは、ほぼ半額となる外科手術モニターも募集しておりますので、お気軽にカウンセリングにお越しください。

目の形について

まずは目頭の形に注目してみましょう。日本人は、目頭に蒙古襞と呼ばれる、上瞼から内側になぞっていくと下瞼の端を越えて線が入っている方が多いかと思います。 この皮膚の被さり、蒙古襞によって、涙丘(目の内側のピンクの部分)がいくらか隠れていませんか? 目頭切開 目頭切開は、この蒙古襞を切って解除することで、涙丘をどのくらいだすのかが重要です。これにより、 ・目と目の間が近づく ・涙丘を広く露出して、目を大きく見せる ・蒙古襞に負けて末広型になっている二重を平行型にする という効果が現れてきます。そのため、私は目と目の間を近づけるために目頭切開をしているわけではないのです。 むしろ、目と目の間の距離をかえずに、露出する涙丘の角度のみかえて、優しい印象にすることもあります。 また涙丘の形は実は様々で、三角に尖っている、四角い、丸い、鳥のくちばしのように細長いなどいろいろな形があります。術後も尖った三角になっているのが自然ですね。さらに奥目の方では困難なケースがあります。

顔のバランスについて

冒頭に目と目の間の距離が平均34mmと書きましたが、その他にも顔のバランスの指標はたくさんあります。例えば、両目の幅と目と目の間の距離が等間隔、目頭間と小鼻間が同等の幅などです。 あとは、日本人の顔に馴染みやすい可愛い系の顔は離れ目、西洋人の様な美人系は目と目の間が近いといった特徴があります。 目頭切開術 執刀:河野医師 これは個々人の好みによるところもあれば、もともとの顔の骨格・余白、鼻の高さ、雰囲気など様々な因子が絡んできます。 これが、目と目の間の距離だけで目頭切開を決めない2つ目の理由です。 手術は術中の仕上がりを確認しながら行うため、局所麻酔で行います。 方法は、三日月法、Z形成、W形成(内田法)、リドレープ法などありますが、基本的にはZ形成もしくHalf-Z形成を用いています。 ・上記の効果に見合っている ・傷跡が目立ちにくい ・気に入らなかった場合に元に戻せる(蒙古襞形成) という利点があるからです。 目頭切開Z形成 また、目頭切開だけでは、必ずしも全員二重が末広型→平行型になるわけではありませんので、ご注意ください。目頭の切る量を増やしたり、そもそもの二重幅を広げなくてはいけない可能性もあります。 最後に、目頭は目周りの中で比較的傷あとが目立つ部位です。できるだけ綺麗に仕上げるように、皮膚表面だけでなく、皮下の縫合も行います。 拡大鏡・ルーペのもとで、顕微鏡用の道具・極細の糸を用いて、丁寧に縫い上げていきますので、形成外科で培ってきた技が光るところかと自負しています。 術後は、ステロイド含有抗生剤軟膏を塗布して乾燥を防ぎます。 人気の目頭切開術ですが、メリットとデメリットをしっかりと考え、お悩みの方はぜひ一度お気軽にカウンセリングに起こし下さい。

ダウンタイム

1週間後に抜糸。腫れや内出血は2週間ほど。傷跡は、初回手術の場合、1〜3ヶ月は赤く、固い、6ヶ月ほどで最終的な傷跡になります。修正の場合はこれより長くなる場合があります。

メリット

離れ目の改善 目を大きく見せる 二重の末広型→平行型への変化 顔の印象が変わります。

デメリット

涙丘の露出のしすぎ 目の形の変化・違和感 後戻り 傷や凹みの残る可能性 最後までご覧頂きありがとうございます。 医師により考え方も異なりますので、一意見としてご参考に頂ければと思います。

お問い合わせ・ご予約はこちら

新宿院
03-6709-9132

診療時間/11:00~20:00 休診日/金曜日

銀座院
03-6263-8256

診療時間/10:00~19:00 休診日/月曜日

未成年者の同意書はこちら