鼻翼縮小(小鼻縮小)の内側法、外側法の違いは?どちらがおすすめ?

鼻翼縮小(小鼻縮小)の内側法、外側法の違いは?どちらがおすすめ?

「鼻翼縮小が気になるけど、どんな手法があるのかな?」
「施術は内側法、外側法どちらを選べばいい?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。
本記事では、鼻翼縮小(小鼻縮小)の施術手法である内側法と外側法について、メリット・デメリットなど徹底解説します。

症例写真も公開して、内側法と外側法の違いを分かりやすく解説しておりますので、ぜひご一読を。

鼻翼縮小(小鼻縮小)とは?

鼻翼縮小(小鼻縮小)は小鼻を小さくする美容整形の施術です。主な施術は小鼻を切開して、手術で小鼻の皮膚を除去して、小鼻の幅を小さくしたり、鼻の穴のスペースを小さくしたりできます。
鼻の穴の大きさが気になる方、鼻全体の大きさや広がりが気になる方、いわゆる”豚鼻”の方におすすめの施術です。
鼻の印象は、鼻筋が通っていても、小鼻が大きいと鼻全体が大きく見えてしまいます。また、小鼻が大きい方は、鼻の穴が大きい方が多く、顔のバランスに影響を与えてしまいます。

鼻翼縮小(小鼻縮小)の種類

ここでは鼻翼縮小(小鼻縮小)の施術の種類を解説していきます。
鼻翼縮小(小鼻縮小)は、以下の二つが主な施術方法です。

  • 内側法
  • 外側法


それでは順番にみていきましょう。

内側法とは

内側法は小鼻の外側まで切ることのない手術です。鼻の穴内部の余分な皮膚のみを切除したのちに縫い合わせます。小鼻の根元を内側に引き寄せることにより、幅を狭くすることができ、小鼻効果を生み出します。外からは見えにくい部分を切開しますので、傷跡が目立たないのが特徴です。

外側法とは

鼻の穴の中から小鼻の外側の溝に沿って切開して、縫い合わせる手術です。余分な皮膚を切除することにより、外に張り出した小鼻を矯正します。鼻の溝に沿って手術するため、傷跡は目立ちにくくなりますが、溝の薄い小鼻の外側の溝上部にまで至ると、傷跡が目立つ場合もあります。

内側法のメリット・デメリット

前章で紹介した内側法について、メリット・デメリットをまとめました。症例写真も公開していますので、施術後のイメージの参考にしてください。

症例写真

施術前 施術後 (6カ月後)
Before After
施術の内容
施術名 鼻翼縮小
施術の説明 鼻翼縮小は手術などにより小鼻を小さくする施術です。主な施術は切開法で、手術で小鼻をの皮膚を切除して、小鼻の幅を小さくしたり、鼻の穴のスペースを小さくしたりすることができます。
施術のリスク
(副作用)
  • 手術後は、切開した部分に腫れが起こります。
  • 手術により内出血が起こることがあります。ほとんどの場合、時間の経過とともに自然になおります。
  • 切開した部分に赤みができた場合、改善するまで時間がかかることがあります。
  • 施術によって、左右差が生じることがあります。
  • 妊娠中、授乳中の方は、施術ができません。
施術の価格 385,000~円(税込み)

内側法のメリット

  • 傷が目立ちにくい
  • 鼻の穴が小さくなる
  • 外側法に比べて小鼻の横幅を狭くする効果が高い

内側法のデメリット

  • 小鼻のせり出しの改善は期待しにくい

 

外側法のメリット・デメリット

前章で紹介した外側法について、メリット・デメリットをまとめました。症例写真も公開していますので、施術後のイメージの参考にしてください。

症例写真

施術前 施術後 (3カ月後)
Before After
施術の内容
施術名 鼻翼縮小
施術の説明 鼻翼縮小は手術などにより小鼻を小さくする施術です。主な施術は切開法で、手術で小鼻をの皮膚を切除して、小鼻の幅を小さくしたり、鼻の穴のスペースを小さくしたりすることができます。
施術のリスク
(副作用)
  • 手術後は、切開した部分に腫れが起こります。
  • 手術により内出血が起こることがあります。ほとんどの場合、時間の経過とともに自然になおります。
  • 切開した部分に赤みができた場合、改善するまで時間がかかることがあります。
  • 施術によって、左右差が生じることがあります。
  • 妊娠中、授乳中の方は、施術ができません。
施術の価格 385,000~円(税込み)

外側法のメリット

  • 小鼻のせり出しを改善できる
  • 余分な皮膚も除去するため、鼻全体が小さく見える

外側法のデメリット

  • 傷が目立ってしまうことがある

 

どちらがおすすめ?

内側法と外側法のメリット・デメリットを踏まえ、それぞれの施術がおすすめな人をまとめました。
なお、内側法と外側法を併用することも可能です。鼻の穴の大きさと小鼻のせり出しの両方が気になる方は、内側法と外側法の併用も検討してみましょう。

内側法がおすすめな人

内側法がおすすめなのは、以下のような人です。

  • 鼻の穴の大きさが気になる人
  • 周りにバレないように整形をしたい人

外側法がおすすめな人

外側法がおすすめなのは、以下のような人です。

  • 小鼻のせり出しが気になる人
  • しっかりと変化のある整形をしたい人

 

VENUS BEAUTY CLINICならこんな施術が可能

当院では患者様に寄り添う施術を心がけております。施術前のカウンセリングはもちろん、術後のアフターケアや施術中の不快感解消など、少しでも快適に施術が受けられるように取り組んでおりますので、初めての方でもご安心ください。
また、当院には経験豊富なスタッフが多く在籍しています。
経験の有無によって仕上がりが大きく異なると言われている美容医療だからこそ、医師・看護師共に経験豊富な当院にお任せください。

患者様のお悩みに合わせて、数あるメニューの中から最適な施術をご案内いたします。美容医療をお考えの方はぜひ当院までお越しくださいませ。患者様1人1人に合った施術をご提供いたします。

鼻翼縮小

監修ドクターSUPERVISOR

藤本 裕樹Hiroki Fujimoto形成・美容外科医

筑波大学医学部卒業後、昭和大学形成外科に入局し、昭和大学病院、昭和大学藤が丘病院、昭和大学横浜市北部病院新久喜総合病院、太田西の内病院などで形成外科・美容外科の研鑽を積む。2019年よりVENUS BEAUTY CLINIC医師として勤務する。

SEARCH

キーワードKEYWORD

カテゴリーCATEGORY