目元のクマ・たるみの人気施術ランキング

  1. 1位

    目の下の脂肪取り(くまとり)

  2. 2位

    下まぶたのたるみ取り(くまとり)

  3. 3位

    下まぶたのくぼみ修正(くまとり)

目元のクマ・たるみ

関連する症例写真

下まぶたのたるみとり

施術前

施術後 (6カ月後)

対応医院: 新宿院

施術前

施術後 (6カ月後)

対応医院: 新宿院
担当者: 藤本(担当した症例写真一覧 >

施術前

施術後 (6カ月後)

対応医院: 新宿院

施術前

施術後 (6カ月後)

対応医院: 新宿院
担当者: 藤本(担当した症例写真一覧 >
施術に関する情報
施術名下まぶたのたるみとり
施術の説明下まぶたのたるみ取りとして皮膚切除、切開ハムラ法、裏ハムラ法の施術を行っております。下まぶたの余分な脂肪を取り除くことで、すっきりと若返った印象になります。
施術のリスク
(副作用)
・部位に脂肪が沈着してふくらんで見えることもありますが、徐々に落ち着いてきます。
・余分な脂肪「眼窩脂肪(がんかしぼう)」を取り出す場合、皮膚表面を傷つけないため、傷跡は残りません。
・目の下の皮膚は薄く、最も傷跡が目立ちにくいため、傷跡は残りません。
・術後は、抗生剤と痛みどめの処方がありますので服用してください。
・個人差がありますが、人によっては稀に合併症を引き起こすことがあります。
施術の価格155,000~円(税込み)

下まぶたのくぼみ修正

施術前

施術後 (6カ月後)

対応医院: 新宿院
担当者: 藤本(担当した症例写真一覧 >
施術に関する情報
施術名下まぶたのくぼみ修正
施術の説明下まぶたのくぼみ修正ではご自身のお腹または太腿の脂肪を必要な分だけ専用の注射器で取り出して、まぶたに注入します。
ご自身の脂肪を注入するため、免疫反応の心配はございません。そのため自然で健康的な目元に若返らせることができます。
ヒアルロン酸注射とは異なり、脂肪がいったん定着すれば、何度も繰り返す必要はありません。
加齢による老け顔や疲れた印象を改善することができるおすすめの手術です。
施術のリスク
(副作用)
・ダウンタイムがほとんどなく、痛みが抑えられる施術ですが、人によっては稀に内出血、感染症のリスクがあります。
・下まぶたのくぼみ修正、脂肪注入は圧迫しにくい場所ですので術後も腫れは目立ちません。
・術前の麻酔は痛みの感じ方に個人差がありますが、強い痛みは特にありません。
・術後、注入部位の腫れは3日〜1週間程度で引いていき、傷跡は残りません。
施術の価格99,000~円(税込み)

この記事の監修者

藤本 裕樹

藤本 裕樹 新宿院院長

形成・美容外科医

筑波大学医学部卒業後、昭和大学形成外科に入局し、昭和大学病院、昭和大学藤が丘病院、昭和大学横浜市北部病院新久喜総合病院、太田西の内病院などで形成外科・美容外科の研鑽を積む。2019年よりVENUS BEAUTY CLINIC医師として勤務する。

Contact!

お問い合わせ・ご予約はこちらから

新宿・銀座院予約電話番号

03-6457-7724

[受付] 10:00〜19:00 土/日/祝対応

FollowMe
  • Instagram
  • twitter
  • LINE

Popularity!

人気・話題の施術

  • アートメイク
  • ヘアアートメイク
  • フォトフェイシャルM22(IPL)
  • ピコレーザー
  • ソノクイーン
  • ダブロゴールド
  • ダーマペン4
  • ヴァンパイアフェイシャル
  • ヒアルロン酸注入治療
  • ボトックス注射
  • ハイドラフェイシャル
  • プラズマシャワー
  • デルマシオ(エレクトロポレーション)
  • オンライン診療
  • 人中短縮術(リップリフト)
  • 二重まぶた・埋没法
  • 二重まぶた・全切開法
  • 目頭切開
  • 目尻切開
  • 鼻翼縮小
  • 鼻尖形成
LINE友達追加で10%オフクーポンプレゼント